栄養素の特徴

クレアチニンとはどんな栄養素か

クレアチニンはアミノ酸の一種であり、肝臓や腎臓で作られる栄養素です。しかし体内で合成されるクレアチニンの量は一日に必要な量の半分もないため、これを外側から補う必要があります。 現在ではクレアチニンがどんな食物に含まれているかもわかっており、足りない分はその食品なりを意識して摂ることによって補うこともできます。クレアチニンは豚肉や暁烏肉、鮭といったタンパク質に多く含まれているので、毎日の食事にこれらを取り入れることもひとつの方法として良いと思います。 しかしその他にもサプリメントから簡単に摂取するやり方もあるので、食事だけでカバーしきれない時はそういった手段で身体に栄養素を取り入れることもいいでしょう。

日頃身体を鍛えている人に人気の栄養素

クレアチニンは筋肉を強化したり、疲れた身体を回復させる効果があります。そのため日頃スポーツをしていて体に負担をかけている人や、日常生活で疲労がたまっている人なら積極的に取って行きたい栄養になります。 サプリメントはそういった意味でも、場所や時間帯を選ばずにいつでも栄養素を摂ることができるためクレアチニンを摂取する方法としてもっとも向いています。 またサプリメントなら、摂取カロリーが制限されている方でも気にせず取り入れることができますから、高齢者や持病を持っている方でも気兼ねせず利用することができるはずです。 実際にリハビリ中の患者やスポーツ選手がクレアチニンを使うこともあり、医療の現場でも実用的な栄養補給の方法として注目されています。